桃李がゆく

誰かの役に立つ日々気になったことを記事にする

繰り返す頭痛にはストレッチ・ツボ・お薬の3ステップで対抗しよう!

f:id:touri0731:20190221142716j:plain

 

頭痛持ちはツライよ

突如として襲ってくる頭痛に悩まされている方、とても多いです。

普段ならいざという時のために薬を持ち歩いているのに、今日に限って切らしてる…!そんな経験もあることでしょう。

すぐに薬を服用できない!でも頭痛の痛みを少しでも緩和したい!

そんな時はストレッチやツボの指圧が効果的です。

急場をしのいだら速やかに薬を飲みましょう。

※「痛み止めが効かなくなる」というのは理論上起こり得ないそうです。

用法用量を正しく守って服用すればお薬は何も怖がることはありません。

お薬は積極的に使用していくとよいと思います

対策(ストレッチとツボ)

ストレッチ!


首こりと頭痛のための1分ストレッチ法

さらにツボ指圧!


頭痛・便秘のツボ 【合谷】 ~中医師による本格ツボ押し講座~

ストレッチのための運動すらできない環境でしたらこの合谷(ごうこく)マッサージはかなり効果的です。合谷は動画にもあるように頭痛の他、便秘やさらには歯痛etc…万能ツボとして有名ですので動画を参考に場所を覚えて押し方をマスターしましょう。

対策(解熱鎮痛剤)

冒頭にも書きましたが、よく耳にする

「痛み止めを飲みすぎると効かなくなる」というのは都市伝説で、医学的な根拠に乏しいそうです。

まずは頭痛にならないように生活環境を見直す、仕事はこまめに休息をとりながら・態勢を変えながら行うなどの予防が重要です。

頭痛を一瞬で治す方法はないのかもしれませんが、どうしても痛くなってきたら速やかに薬の力を借りるのも良いでしょう。

適切に使用すればとても心強い味方になってくれます。

 

頭痛の種類と症状

意外と知らない「頭痛のタイプ」とその症状をおさらい。

片頭痛(偏頭痛)

原因

何らかの原因により脳の血管が拡張することで起こると考えられています。

脳神経系のなかでも特に三叉神経という神経が刺激されること、合わせてプロスタグランジンに代表される炎症物質が放出されること(さらに血管が拡張する)で拍動するように「ズキン…ズキン…」と痛みが走る偏頭痛を発症します。原因として寝不足・女性ホルモンの影響(変動)・疲労・気圧の変化・光や音による繰り返す刺激などがあげられます。

症状

片側性(両側性のことも)のこめかみのあたりを脈打つような拍動性の頭の痛み、嘔吐(吐き気)、光や音に敏感になる、頭が痛すぎてシャンプーできないなど日常生活中の動作にも支障をきたすケースもある。

緊張型頭痛

原因

1日中パソコン作業などに従事することによる疲労(特に目の疲れ、肩こり)や身体の冷えなどの身体的原因やストレスが原因として多い。

その結果頭~肩・首周りの筋肉が収縮し続け頭痛を発症します。

症状

片頭痛と違い拍動性ではなく頭全体がギューっと締め付けられるような感覚で痛む。

何時間~何日間も頭痛が持続した治らないことがある。

体ボロボロシリーズ↓

 www.touri0731.com

 

 

www.touri0731.com