桃李がゆく

起業家(個人経営者)+ブロガー/パラレルワーカー/日々気になったことを記事にする/月1000PV/誰かの役に立つ/更新頻度遅め!

その腹痛、意外な食べ物が原因かもしれませんよ?

f:id:touri0731:20190128103827j:plain

 

この記事はお腹が痛くて大変な思いをした方に読んで欲しい
  • 急な腹痛でピンチに陥ったことが過去に何度もある…!
  • 下痢を起こしやすい人と起こしにくい人の差って何?
  • 日ごろからできる簡単で効果的な予防法とは…?
  • 最近注目を集めている「グルテン不耐性」による腹痛とは?

過敏性腸症候群

ストレスが原因と考えられています。その影響で腸の蠕動運動(動き)が正常を保てなくなり下痢などを発症するというメカニズムが有力。

症状はお腹の痛み・不快感に加えて男性は下痢が続く、女性は便秘として認められるケースが多いとのこと。なかには吐き気を併発することもあります。

治療法としては整腸剤などの薬を飲むことも大切ですが、「ストレスをいかに軽減できるか」にかかってきます。

人それぞれストレス耐性に差がありますし、その原因や強度は違いますから自分に合った対処法(治し方)を見つけていくしかありません。

(仕事がストレス源であるなら)仕事のことを忘れられる時間を持つ、趣味を楽しむ、適度な運動や睡眠時間の確保などライフスタイル全般を見直すことで症状を緩和したり再発するまでの期間を延長することが期待できます。

 

糖不耐性

www.msdmanuals.com

牛乳を飲むとお腹を壊して下痢をする人がいることは広く認知されています。

乳糖不耐性(乳糖不耐症)と言って消化酵素のラクターゼの欠乏により乳糖が分解できない状態のことで、下痢を腹部の痛みをおこします。乳製品などに含まれる乳糖を避けるようにすることが症状を出さなために大切です。

 

小麦(グルテン)不耐性

foods.angfa-store.jp

グルテンとは小麦・ライ麦・大麦などに含まれるタンパク質のこと。

粘りや弾力がありパンうあうどんのモチモチ食感の元となるものです。日常のありふれた食品に含まれておりパスタやラーメン、パン・クッキーなどグルテンは知らず知らずのうちに体内に摂取しています。

このグルテンに腸が過敏に反応したりする人、上記の乳糖不耐性の様にグルテン不耐性の人が増えてきているようです。(グルテン過敏症)

パスタ・ラーメン等を食べるとお腹や身体の調子が悪くなりませんか?

便秘や下痢のみならず、頭痛やめまい・イライラしたりやる気が起きない・疲れやすい。など多岐にわたる症状が出る可能性があります。

それがグルテン不耐性の症状です。

血液検査でグルテン不耐性があるかどうかは検査可能とのことですが費用が高額(¥30000程度)なのがネックです。

検査をスグに受けることができない場合はグルテンを含んだ食材を避けた食事を数週間続ける「グルテンフリーダイエット」はいかがでしょうか?

それだけで体の調子が改善されるようでしたら状況から見てクルテン不耐性である可能性が高くなります。

グルテンフリー・ダイエット - Wikipedia

自分自身もパスタを食べると腹痛を起こす確率が高いです。

おそらくグルテン不耐性があります。(パスタ大好きなのに…)

でも諦めないでほしい

完全に小麦粉を排除した食生活は難しいはずですが、1週間の中で何食かでもグルテンを避けた食事を摂ることができれば、腹痛をメインとしたその慢性的な体調不良は改善されるかもしれません。

そんな時はグルテンフリーの料理レシピ本やスイーツ本がたくさん出版されているので大変参考になるでしょう。