桃李がゆく

起業家(個人経営者)+ブロガー/パラレルワーカー/日々気になったことを記事にする/月1000PV/誰かの役に立つ/更新頻度遅め!

犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)症状は分かりやすい。原因と治療法を解説します。

f:id:touri0731:20181210163610j:plain

この記事の要点

犬の代表的な内分泌疾患である副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群とも呼ばれる)。人や猫に比べて圧倒的に罹患率が高いが、典型的な症状を呈する事が多く飼い主さんが愛犬の異変に気が付きやすいことも特徴です。

今回はそんな副腎皮質機能亢進症について原因・症状・治療法などを解説します。

 

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)とは?

副腎からコルチゾール(生体を維持するために必要な副腎皮質ホルモン)が過剰に分泌されている状態。過剰分泌が持続すると代謝異常(太りやすくなる、毛が抜けて全身が脱毛する)、異化亢進(筋肉が薄くなる)、感染症にかかりやすくなるなどマイナスの症状が多発するようになる中高齢以降に多い病気。

これが副腎皮質機能亢進症(クッシング病)です。

 

原因は?

下垂体依存性副腎皮質機能亢進症

副腎皮質に「コルチゾールを分泌しなさい」と命令を下す器官である下垂体が活動亢進してしまうことで副腎皮質刺激ホルモンが過剰分泌されてしまう病型。犬ではこのタイプが多い(90%)

下垂体は腫瘍化している場合と、していない場合があり、それによって治療方針が異なる(後述します)

副腎腫瘍

副腎そのものが腫瘍化(癌化)してしまうことでコルチゾールが過剰分泌されてしまう病型。発生率は低く10%程度。

医原性副腎皮質機能亢進症

何らかの病気治療のためにステロイドを長期に服用していた場合などに、クッシング症候群と同様の症状が出現してしまうことがあります。

投薬を中断すれば自然に治まることが多いです。

 

症状は?

典型的な初期症状として多飲多尿(異常なほどお水をたくさん飲んで、おしっこをたくさんする)、皮膚症状(皮膚が薄くなる、左右対称性の脱毛、色素沈着、皮膚炎にかかり易くなり且つ治りにくい、かゆみはないことが多い)、お腹がボテっと出ている、食欲上がり太ってきたなどの変化が認められる場合は早めに動物病院を受診するようにしましょう。

  • 多飲多尿
  • 痒みを伴わない脱毛などの皮膚症状
  • お腹が出てきた(腹囲膨満)
  • 体重増加(食欲亢進)
  • 病気が進行すると糖尿病、嗜眠(意識レベルが低下する末期症状)

 

検査方法は?

上記典型的な症状が認められる場合には一般血液やホルモン検査が実施されます。肝酵素やホルモン値に異常が認められれば副腎皮質機能亢進症は確定的になります。

次いで病型を判別するために超音波検査やケースによってはMRI・CT検査が推奨されます。

治療法は?

下垂体依存性副腎皮質機能亢進症

①下垂体が腫瘍化していた場合

外科手術や放射線治療の単独または組み合わ治療が推奨されます。

一般動物病院では実施が難しい治療になるので大きな二次診療施設に受診することになるでしょう。

②下垂体が腫瘍化していなかった場合

内科療法(お薬を飲ませる)がメインになります。コルチゾールの過剰分泌を抑制するお薬を飲ませることでホルモンを基準値内にコントロールします。ホルモン値が安定すれば臨床症状(見た目の症状)の改善が期待出ますが、内科療法は長期(一生涯)続くことになりますし、薬の用量が治療途中で足りなくなったり、過剰になったりしていないか定期的なチェックが必要になります。

副腎腫瘍

副腎腫瘍のケースでは外科手術が第一選択になります。

腫瘍化した副腎を切除摘出するのですが周囲の大血管を巻き込んでいることがあり手術の難易度は高いです。

まとめ

見た目の症状に気づきやすいので早期発見が可能です。

この病気と診断されたら早期治療を適切に実施してあげることで困った症状を緩和することが期待され、愛犬の生活の質を維持し寿命(余命)を全うさせることができます。

検査費用や手術・薬に関わる治療費に関しては動物病院によって異なりますので事前によく相談されるとよいでしょう。

 

あわせて読みたい

 

www.touri0731.com